樺太記念館の外観

樺太島(現・サハリン)は、北海道の北方に位置しており、南北に細長く広がる島です。

もともとアイヌをはじめとした先住民が住む土地であり、日本人やロシア人が雑居していました。

日露戦争終結後の1905年から、太平洋戦争が終わった1945年までの40年間は、樺太島の北緯50度以南「南樺太」が、日本の領土となっていました。

樺太記念館の内観1

稚内市がかねてから収集していた樺太関係の歴史資料や、一般社団法人全国樺太連盟より寄贈いただいた2,000点に及ぶ貴重な資料を展示しております。

樺太記念館の内観2

稚内市樺太記念館では、これらの貴重な資料をもとに、明治以降の樺太と、そこに生きた人々の姿を紹介しております。

開館時間 10:00〜17:00(入館は16:40まで)
休館日

年末年始(12月31日〜1月5日)

11月〜3月の毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

入館料 無料
場所 2階 フロアマップ
施設情報

電話番号: 0162-73-6066

URL: www.city.wakkanai.hokkaido.jp/